手づくり加工食品のコツ

人々の工夫と心が
私たちの手づくりの『きほん』です。

南アルプス直送便が手造りにこだわる理由。
それは人がそれぞれの工程でそれぞれの素材や季節に合わせた適切な調整・加工ができるからです。
また、母親として安心して子供に食べさせられるものをテーマに取り組んでいますので、添加物はできるだけ加えません。
ここでは代表的なりんごジュースを例にご紹介いたします。

①鮮度のよいりんごをすりおろす

一番美味しいジュースは採れたてのりんごをそのまま搾ったジュースです。
果実の味がそのままジュースの味になるので、木で完熟させた鮮度のよいりんごを使います。
風味や色・香りといった原料のよさを損なわないためには、温度管理と手早い作業が不可欠。まずは綺麗に洗浄したりんごを破砕機に入れます。

②搾汁し裏ごしをする

破砕機ですりおろされたりんごは、機械の中のろ過装置で余分なものを取り除きます。基本のりんごジュースは滑らかな口当たりを目指し、ザラザラした食感にならないように、しっかりとパルプ質をろ過します。ろ過したりんごをさらにプレス機にかけて、最後のひと搾りまでジュースとして活かします。

③徹底した灰汁(あく)取り

加熱は決められた温度と時間を守る事が重要です。ろ過されたジュースは鍋に移され、85℃で15分加熱されます。これが風味を損なわずきちんと殺菌される温度として辿り着きました。灰汁取りは5回行います。これは人の手で行うからこそできる大切な工程です。

④清潔な瓶に詰める

瓶詰めは、まずは瓶の殺菌が重要なポイントです。蒸気式の殺菌機で120℃で10秒。あるいは100℃で15分の熱湯殺菌を行っています。熱い瓶に熱いジュースを手早く充填。りんごはさらっとしているので細い充填口を使用しますが、ももなどは太いものを使用するなど、製品によって変更しています。

⑤洗浄と冷却

打栓機を通って栓をされた瓶は約50℃に設定した水槽につけられて冷却。キャップシールで密封します。

南アルプス直送便・小池手造り農産加工所の
手づくりのコツをもっと知りたい方は…

書籍「小池芳子の手づくり食品加工コツのコツ」

会長小池芳子が長年の経験を基に執筆した農産物加工のノウハウが詰まった書籍です。農産加工に関わる方、食品加工を営む方だけでなく、一般家庭での食品加工にも参考になる内容が記載されています。弊社にて直接ご購入いただける他、amazon、小池手造り農産加工所公式サイトからもご注文いただけます。

PAGETOP